16.駐車場、バイク置場、駐輪場

1.駐車場
立体自走式駐車場
各階に至る急傾斜があって、駐車区画自体も緩やかな傾斜になっている建物構造です。人の昇降のためにエレベータがあります。建物自体の景観も良いとはいえない欠点はありますが、100%確保できる可能性があります。屋上は、駐車場月額0円というような、広告をうつ売主もあります。入り口にはロボットゲートがあります。

平面駐車場
一番便利ですが、台数が少なく、抽選にもれた人の不満が残ります。

機械式駐車場
敷地に制限がある場合に設置されますが、台数は、あまり多く確保できません。相当な維持費がかかります。

2.バイク置場
自動車の台数のように、多くはありませんが、大型を持っている人は、適切なバイク置き場があるかどうか、すごいこだわりがあるようです。

3.駐輪場(金具の設置)
自転車置場は、最低でも1戸に2台分必要になり、圧倒的に不足します。売主も買う方も、内心はともかく、自転車のことはあまり気にしていません。自転車置場は、結構スペースをとりますので、多くとればその分良い景観が得られません。どことも最初は、「自転車置き場はございます。」程度になっています。なので、後から増設を迫られるのが常です。また、電動自転車や2人乗りの大型自転車があれば、普通の自転車のスペースでは止められないため、ラックが使えないケースもあります。自転車の放置が顕在化し、むずかしい問題になります。これは、管理会社などの協力を得ながら、理事会で考えていく必要があります。
 
次へ