15.各種設備点検と清掃作業

点検が法的に義務付けられているものと、任意のものとがあります。また、受託契約に含まれている点検や清掃作業があります。

1.建物設備点検(月1回)
  受水槽・送圧ポンプ、雨水排水槽などのレベルスイッチの点検をします。

2.消火設備点検(年2回、3年に1回消防署に提出)
  専有部内の検出器作動テストを行い、管理事務所内の複合火災受信機で受信します。

3.電気設備点検(絶縁測定)4年に1回

4.ガス設備点検(3年に1回)

5.建物点検(3年に1回)

6.受水槽清掃作業(1年に1回)

7.水質検査(1年に1回)

8.雑排水管清掃作業(1年に1回)

9.エレベータ点検(回数は、法定以上は、契約による)

10.機械式駐車場、駐車場チェーンゲート、ダストドラムなどの付帯設備の点検
次へ