笹倉正義のマンガ習作(Windows時代)   目次へ

タイトル 内容 コメント  エピソード
Windows 3.1 パソコンの仕様がようやくGUIに耐えるようになって、新しい時代の予感を告げるOSが登場しました。 16ビットパソコンのOSを制したマイクロソフト社が目指したマウス操作のOS(Windows)。窓が次々と開く画面。ワープロ、表計算、データベースにおいて劣勢だったマイクロソフト社は、Windows用開発を進めました。
Windows 95 ネットワークが標準搭載、ExcelとWordが台頭、PC-9801、一太郎ロータス1-2-3に代表されるMS−DOSの時代が終わりを告げました。 常勝の一太郎、ロータス1-2-3、dBASEに油断があり、Windows対応に出遅れました。また常勝パソコンのPC-9801シリーズもDOS/Vとの激しい価格競争にさらされることになりました。 
Access 97 Access 97とSQL Server6.5までは、きたるべき時代の影でした。この2つではノンプログラムのクライアントサーバーはできなかったのです。 この著作当時に著者が勤務した情報化推進室の事務処理は、ACCESSのみで処理できました。WordもExcelも不要でした。(教育事務局) 
SQL Server 6.5 それにはマイクロソフトが自社開発した、Access 2000とSQL Server7.0の登場を待たねばなりませんでした。 はじめて、サーバー製品に接する機会ができました。マイクロソフトは自社開発のSQL Server7.0販促のため、さまざまな教育キャンペーンを行いました。私はそれらに参加するチャンスにも恵まれたのです。 
 これら全ての原稿は、帰社後の2時間、土日と祝日に書きました。
著作活動のメリットは、勤務先の会社にはありませんでした。
しかし、幅広い人材を持つ企業として、秘書室から社員紹介の新聞記事にしてもらったことが、ありました。