第4話 RDBMS理論とSQL Server 2000


どの世界にも金言と呼ばれるものがあります。
たとえば、推理小説などで、犯人逮捕に対するそれは、「それによって利益を得るものは誰か」です。
探偵の謎解きは、常に受益に関する説明です。

データベースの場合のそれは
(1)「入力のしやすいものはどれか」
(2)「記憶装置の消費が少なくすむのはどれか」(記憶装置が高価であった時代には)
であり、

サーバー製品のそれは
(3)「ネットワークの負荷を少なくしてくれるものはどれか」

(1)(2)にたいしては、RDBMSの圧勝です。
(3)の場合、Accessの負け、SQL Serverの勝ちとなります。

RDBMSとはRerational Database Management Systemの略ですが、
「リレーショナル」の必要性と意味を理解する必要があります。
この点、マンガで詳しくお話していますので、読んでね。

元々はトランザクションの件数分のデータなのですが、冗長分をリレーショナルの機能
により分割することで、記憶装置の容量を減らしています。トランザクションの件数が
多ければ多いほど、その効果は大きくなります。

分割して入力されたものは、必要に応じて、もとに戻して出力する必要があります。
元に戻すのもリレーショナルの機能の内です。

でも、あんまり分割しすぎると、処理速度に影響したりしますから、ほどほどにしなくて
はなりません。

また、分割したテーブルがたくさんできると、その関連性がわからなくなります。
それをサポートするのが、リレーションシップ、またはE/R図と呼ばれるものです。

  リレーションシップ

  Northwindのリレーションシップ
サンプルデータベース「Northwind」の場所
Access 2002をインストールすると、サンプルデータベースが以下のフォルダに入っています。この場合は、2つありますが、拡張子がmdbのものは従来どおりのスタンドアローン製品のサンプルです。拡張子がadpのものは、接続先がSQL Server 2000(以降)となるものです。すなわちデータベースは、SQL Serverに置き、フォームやレポートなどがAccessに置かれるもので、クライアント・サーバーを実現します。(第5話の主題です。)
入力ならExcelの圧勝と言いたいところですが、それはエキスパートが使用する場合に限られます。不特定多数の者が、同時入力するシステムでは、Excelでの入力は大混乱の素になります。